アウトプットの大切さ。IHセッション

Outputの大切さ。エネルギーワーク、ヒーリングを学ぶと、学んだだけで満足しちゃって、テキストもそれっきり閉じたまま。今まではそんな感じだった。

学んだ直後は満足感があるんだけど、しばらくすると何か物足りなくて他のもやりたくなってしまう。そして他のワークショップやセミナーにまた参加。今まではそんな繰り返しだった。

だけど今回LAでIHのセミナーを受けて、アウトプット(実践)していくことの大切さを痛感した。セミナー終了時、マチルダにこれからIHやって行くんだよね?ハグしながら聞かれた時に、

もちろんPracticeするよ、って答えたら。No more practice, just do it!って訂正された。もちろん満面の愛に溢れた笑顔で。その通り!何時までも練習って思ってたら全く進歩しない。その瞬間そう痛感した。

実践して初めて身につくこともあるはず。先ずは経験しないと。OSHO禅タロットの先生も言ってたな。カードの意味を一枚一枚覚えるのに時間を掛けるよりは、実際にクライアントをリーディングした方が何倍も良い勉強になるって。

自信なんて後から付いて来るさ! セッション用の折りたたみベッド(テーブルって言うの?)も買った!先ず行動ありき!

と言うわけでIH(Integrated Healing)モニターセッションやります。ご希望の方は問い合わせからご連絡を。基本どこかの千葉近辺のサロンを借りますが、ベッドもあるので場所は要相談で。ワンセッション約60分、セッション代金等詳細はお問い合わせの際ご相談します。

★ IH(インテグレートヒーリング、Integrated Healing)とは?
キネシオロジーの手法(筋反射)を使ってクライアントの抱える問題を潜在意識までアクセスし、その根本原因まで掘り下げて調整して行きます。問題として表面化している症状の根本原因が思いもよらないものだったり、問題との意外な関係性を見つけ出し調整、改善します。

スポンサーリンク

シェアする〜。

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. […] そう、インテグレーテッド・ヒーリング(IH)を受けたのが、1つの転機となったと思う。 […]

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です