シャスタ 1

ずっと、ずっと行きたかったシャスタ。今回お誘い頂き、ニューヨークの帰りに寄り道する事にした。こう言うのはタイミングだ!って分かってたし、単独で行くより詳しい人と一緒に行った方がより深く楽しめるに違いないと信じ行く事にした。他の仲間はロサンゼルスからシャスタ入り。彼らが来る2日前にひとりでニューヨークから到着。

ニューヨークからオレゴン州ポートランド経由でメドフォード空港に降り、そこからレンタカー。南下してカリフォルニア州に入る。1時間半のドライブ。このフリーウェイはインターステート5。あれ?サンディエゴまで行ってるやつ?あとで聞くとカナダとの国境から南はメキシコとの国境まで南北に走るフリーウェイらしい。

シャスタに到着した時には既に日も暮れて真っ暗。今回前半の2泊は紹介してもらった宿、シャスタクラブに予約。シャスタ山がバッチリ見えるロケーションだとネットで調べてて期待大。ヒデさんとハルミさんご家族が経営する宿泊施設だ。詳しくは個別に投稿したいと思う(長くなるので)。

シャスタの最初の印象はエネルギーが軽い!なんとも軽い!標高が千メートルを超えてるせいだけではないはず。やはりセドナと並ぶパワースポットの証しなんだろうって納得。

直ぐにシャスタ良い!最高!って言いたくなるエネルギー!速攻で気に入った。👍👍👍

眼が覚めると部屋からシャスタ山がバッチリ見え、本当に眼が合うって感じ。UFOの母船が隠れてそうな怪しげな雲も滞在中たくさん見かけた。どこに居てもシャスタ山が中心にある感じ。街もこじんまりとしてて、あまり人も歩いて居ない。シーズンオフだから?お店も5時、6時には閉まってしまう(笑)メインストリートも数百メールな感じ。でもスピリチャルに溢れてる!って感じハンパない。パワーストーン屋も凄いし、土産屋も、店員も、歩いてる人もみんな余裕があってスピ系に見える。ドアベルにティンシャ使ってあったり、セントジャーメインを始めとするアセンディドマスターもポスターやポストカードも沢山。その中にテロスのアダマまで。シェスタ、レベルが違う!

クラフトビールが好きだって言ったら宿で教えてもらったレムリアンビール。ラベルにシャスタ山にUFO!水が美味しいだけあってビールも最高。シャスタの水は美味しい!

教えてもらった近郊の滝や温泉を楽しみながら、仲間の到着を待ってた。続く。

スポンサーリンク
最近のコメント

シェアする〜。

フォローする

スポンサーリンク
最近のコメント

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です